銀のイルカと熱い風の歌詞について(100点満点中xx点)

どうも、TSUTAYAでとデレステのCDを20枚くらいバッコリ借りて聴きまくってる男、カイバラと申します。

 

今日は銀のイルカと熱い風について

 

 

ジャケットです。 (画像はamazonさんより)

あら可愛い。(100点満点中100点)

 

【早期購入特典あり】THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS SUMMER! (ジャケット絵柄ステ... 

www.amazon.co.jp

 

 

歌詞。

 

(※歌詞の画像載せようと思ったけどやめときました。各自調べてください。)

 

なんか見ててすごく恥ずかしくなる歌詞だな…って思ったので、タイトル通り今日はそれについて。

 

そもそもまともに恋愛したことがないので、やるかやらないか、という2択でしか見れないのでこの歌詞に対してまともな共感が持てないのが正直なところです。

 

共感できないという意味では、今のプリキュアでやっている子育てに関するエピソードくらいには共感できないです。

(プリキュアのメインのターゲット層は子供とその親なので、そのどちらでもない成人男性独身の私には理解はできてもまるで共感できないシーンがあります)

 

という訳で感想を。

 

 

 

おとこ

 

男はやはり、現在の年収ではなくて生涯賃金だと思う。

あとは互いに互いを受け入れられれば共に生活はできるので

好きとかそういうことじゃなくていいとおもうんすよね 。

 

おんな

 

化粧を落とした時のすっぴんの顔は大事だと思います。(知り合い談)

あとそいつの飯を食うので料理ができるのも大事だと思います。(知り合い談)

 

出も他にもいろいろ大事です。

頭がいい子だといいですね。

 

とかなんとか日々考えながら生きてるので↑の歌詞については、まるで共感が出来ない…学生時代に買った思い出のアクセサリーってだからなんやねん~みたいな感じ?

 

なんかそのアクセサリーを後生大事に持ってそうだけどもさ、

そんなに一人の人に固執する必要あるかなあと思います。

いろんな男を探して、最終的にいい男を見つければいいと思います。

 

(正直なところ、若い段階で一人の人間に決め打ちして固執するのはリスク的に考えてある程度まで危険なのかなと、思います。)

 

やはり人生を共に歩むパートナーを見つけるという意味で、「男を見る目」というのはとても大事なんだと思います。

 

やはりパートナーを一人選ぶというのは人生においてとても大事なのことなのでね、ええ。

 

そういう意味で、良いパートナーを探すという意味については、

「自分の母親から、三股まではOKだと言われている」と、インベスターZでとある女の子が言っていました。

 

いやあすごい考え方もあるもんですね、とても合理的だと思います。

(ただし、人によってはえーーーみたいになりそうな考え方ですね。自分はどちらでもないですが)

 

ちなみにはじめしゃちょーは3股だか4股だかしてたそうです。

 

www.youtube.com

 

まあそのくらい別にいいんじゃね?と思わなくもないです。 

 

ちなみに自分がはじめしゃちょーの動画で一番好きなのはこれです。

 

【1人】ディズニーランド行くけどバレたら即帰宅 - YouTube

 

なんか見てて恥ずかしい(良い意味で)

正直見ててすごく恥ずかしくなる歌詞でした。というのも私自身がこれまでの人生でまともに恋愛をしてこなかったので、今もやるかやらないかでしか見れないというのがやはり大きなところです。

 

でも、ジャケットは可愛いくて曲もいいので、

評価の方は100点満点中99点とさせて頂きます。

 

残りの1点はやはり歌詞です。なんか恥ずかしいし、口ずさむ事が出来ない、というところです。

 

正直、私自身このような歌詞の曲は何十年超しぶりに久しぶりに聞きました。

感想としては、とても恥ずかしくなる歌詞で、あまり良いとは言えないーというのが感想なのですが、こういうのも一度聞いてみて良かったとは思います。

 

これと全く同じエピソードがあります。前に俺の家族で初めて二郎インスパイアの店に行ったときの話になるのですが、

 

母親がどうやら色々ムリだったらしく、もうほとんど食べないまま残しました。

(ムリだった要因、スープの臭さ、麺の方さ、具材、やたらでかい豚)

 

しかしながら、母親はその後「もう行かないけど、すごかった」と語っており、その店に行ったこと自体は後悔してませんでせいた。

 

つまり、なんでも一度は経験してみて損はないということですね☆

 

自分にも大学時代に釣りに行った時、足場が危険でなおかつ釣れないので、結局釣りをせずに、近場で潮風と日光を浴びながらマンガを読んでいたというエピソードがあるのですが、二度といかねーやwと思いながらも後悔はしてません。

 

そういうことや。

 

風シリーズで色々繋がりがあるとか何とか聞いたので、まあその辺についても考えてみても面白いのではないのでしょうか。

 

(おわり)