読み手側のちょっとした疑問を解消してくれるような描写が好き

 

読み手側としてわずかな疑問が残ってしまうようなシーンってあるじゃないですか。

 

でもそういった疑問ってちょっとした制作側の解説で払拭されることが多いんですね。

 

例えばパワポケ10のこれとか好きなんですが

 

f:id:Kaibarasan:20181016220818p:plain

 

蛇足かもしれないタネあかし。として絶妙に読みごたえのある解説をしてくれる。

 

こういうのが好きです。

 

暗殺教室でも、(一応隠してありますが暗殺教室のネタバレ注意)

 

f:id:Kaibarasan:20181016221113p:plain

 

 

このように、「この事件」の責任の所在が誰にもない、ということをしっかりと解説してくれるんですね。

読み手の解釈によっては「この事件」の責任が特定の誰かにあるようにも見えてしまうため、それを避けるためにこうやってしっかりと解説してくれます。

(例によってネタバレなので伏せますが、20巻にてあのE組の子が出るシーンでも、その子に責任がないことを解説してくれます。あの子はあの子です。)

(意地でも暗殺教室のネタバレは避けます)

 

デレステのTwinくるっテールの歌詞でも

f:id:Kaibarasan:20181016221340p:plain

(JAS〇ACにアレなので一応、歌詞はテキストじゃなくて画像にします)

というものがあって、

読み手側の「アイドルが恋なんておかしいだろ!いい加減にしろ!」という考えを説得させるためにしっかりとその後の歌詞で解説を挟んでる訳なんですね。

 

 

このようにしっかりと読み手側に描写されたものは見ていてとても気持ちがいいし、しっかりと配慮されてるんだなあと感じて

 

とても好きなわけです。

 

(おわり)