# 緑風ふわり生誕祭2018なのでプリパラについて語る

今日8月11日は緑風ふわりちゃんの誕生日です

f:id:Kaibarasan:20180811111108p:plain

 

↑家にある色紙なんですがこれめっちゃ可愛い

 

 

自分の家のグッズ集めたらけっこうたまってました。

 

 

ということで、まあ私はこの緑風ふわりちゃんというキャラクターが好きなんですね。

 

というわけで少しだけどのへんが好きか紹介。

 

 

可愛いです。各自てきとうに調べてください。 

 

CVは佐藤あずささんです。同作品のファララってキャラクターの声もやってます。

なんていうか結構特徴的な声なのですが、とても好きです。

 

f:id:Kaibarasan:20180811114621p:plain

ファララです

歌も聴いてください。

www.youtube.com

 

買え(使命)

 

トリコと出会うエピソード(51話)

51話エピソードが好きなので紹介。(画像はアニメより引用)

・あらすじ

紫京院ひびきに認められるよう、アイドルになるべくプリパラに向かったふわり。しかし、アイドルになるためにはマネージャー(どうぶつ)が必要である。

 

そんな中、ふわりは皆から不幸の鳥と呼ばれているトリコと遭遇する。

f:id:Kaibarasan:20180811125810p:plain

みんなから不幸の鳥と呼ばれ、遠ざけられているトリコ。また、「自分に近づくと不幸になる」とも言っている。

 

そして、仲間であるウサギとクマから、トリコは次のように説明される。

・不幸を虜(トリコだけに)にする不幸せの青い鳥と呼ばれている

・近づくと本当に不幸が起きるといわれている

・そして誰も近づかず、いつも一人でいる

 

そんな説明を受けたふわりだが、お友達になろうとトリコに近づいていく。

 

f:id:Kaibarasan:20180811125859p:plain

 

この話の中では、ふわりちゃんは一貫して、

「お友達になりたいの」

「動物さんはみんな仲間だもの」

 

と言っており、自分の殻に閉じこもるトリコと友達になろうと近づいていきます。このシーンから、

人の事を噂や見た目だけで判断しないふわりちゃんの誰に対しても平等に接する姿

が見てとれると思います。

 

この後も色々あるのですが、なんかもうこの時点で素晴らしいですよね……

 

そう、周りの噂なんて関係ないのです。

暗殺教室の殺せんせーも言ってました。

 先生の教師としての師は雪村あぐり先生です。

目の前の人をちゃんと見て対等な人間として尊敬し、

一部分の弱さだけで人を判断しない。彼女からそういう教師の基礎を学びました。-暗殺教室 16巻より

 

-画像は暗殺教室 イラストファンブック 卒業アルバムの時間 より引用

 

噂とか見た目などで人の事を判断してしまう事はやはりよくないと思います。

実際に話したり関係を持ったりして、相手の事をひとりの人間として尊重するのが本当に大事なんだと思います;;

 

ズートピアっていうディズニーの「差別」とテーマにした映画があるのですが、それでも近いような内容がやってたと思います。無意識の中の差別が本当に恐ろしいみたいな内容だったと思います。

www.youtube.com

 

少し関係ない話ですが、「偏見はありませんが」みたいな言い方は、無意識の中の差別を考えていないようで、非常に違和感のある言い方だと思います。

 

要は、人の事を見た目とか噂とか、で判断するのは本当によくない!!!ってことです。私はそう言いたいですね、ええ。

 

ちなみにこの後のふわりとトリコですが、不幸になるから自分には近づかない方がいいと主張しながら逃げるトリコに対して、ふわりは友達になろうと近づいていきます。トリコに近づいていくと空から雷や金だらいが落ちてきたㇼ、石につまづいたり川に落ちたりしますが、ふわりは特に気にしない様子です。

(ちなみにこの時、金だらいが突然空から降ってくるのに"変な天気"と紹介されます)。

 

そしてやがて川の中で溺れたトリコをふわりが救います。

あとはセリフで全部書いちゃいます。

ドロシー「見事に不幸せを呼ぶ青い鳥だな」

ふわり「でも、そのおかげで私トリコさんとこんなに近づけたわ」

トリコ「どうしてトリ、どうしてトリコを放っておいてくれないトリ」

ふわり「だって動物さんはみんな仲間だもの。同じ川の水に漬かったらもう友達よ」

トリコ「トリコのこと嫌いにならないの…?」

ふわり「ならないわ」

トリコ「トリコと友達でいいの」

ふわり「もちろん」

トリコ「不幸になっても…?」

ふわり「ならないもの」

f:id:Kaibarasan:20180811125713p:plain

その後無事にマネージャーになります。

このシーンもう本当に好きです…素晴らしい

 

ただ、この後もトリコのネガティブ思考は基本的に治ってなかったりするのが「アイデンティティーそのものは変わらない」っていう感じで、そこもまた好きです。

 

プリパラのキャラって人どうしで影響を与え合っても、そこまで人としての根底が変わったりはしませんよね。

 

こういうしっかりとしたテーマを書きつつ、金だらいが降ってくるシーン等でギャグみたいなテイストも挟んで視聴者を飽きさせないようにしてくるプリパラは本当にすごい。

 

まとめ

 

最後のが言いたかったんですが顔も声も好きなので書いちゃいました。

 

あとプリパラという作品、本当にすごい。

未だにtwitterとかでも考察をちょいちょい見かける度に考えさせられます。

(プリパラの登場人物は一貫して人に過度に干渉しないし、アイデンティティーそのものは変わらない~みたいなやつとか)

プリパラ好きです。多様性に関する描写が本当にすごい。

 

プリチャンはコーデが手に入りやすくなったこともあってゲームは面白いですがアニメがちょっとアレかもしれませんね…

 

(おわり)