読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飲食店でクチャラーが隣に座ってきた話 (Syamu_game)

 

 

今日、珍しく昼に飯屋で定食を頼んだ。

その店は近くにあって味が普通、量が普通と個人的評価はそこそこの店なのだが、喫煙OKなのが特に欠点であった。

 

今日は特に喫煙客が多かった、喫煙客は幸い自分の席から遠くにあったのだが、水をくみにいく時は呼吸を思いっきり止める必要があった、食べてる時にもたまにタバコのにおいがした。

 

煙に我慢しながらようやく料理が運ばれてきた、隣の人と同時に配られて頂きますを言ったところでなんと・・・隣の奴がクチャラー(クチャクチャと音を食べながら飯を食う人)であった事が判明した。

 

漫画読みながらクチャラーとか結構なマナ悪かよと思った。「でろでろ」という漫画でクチャラーの前では一時的にクチャラーになってクチャクチャやるという注意の促し方が紹介されていたので実践してみたが効果はなかった。

 

ここで俺は自分の成長を感じた。タバコはさておき、3年前の俺であればクチャラーに耐えられず、ストレスを抱え、席を移動しようにも満席で移動できずにさらなる苛立ちを抱えるところであった。しかしながら今日の自分は違った。まるで苛立ち、ストレス、憤りを感じなかったのである。

 

それはなぜかーーーーーーー

 

 

 

Syamu_gameさんのおかげである。

syamu_gameさんといえば私も大好きなオフ会0人の動画で有名であるが、多くの食品レビュー系の動画もあげているのだ、

 

そしてsyamuさんは物を食べる際に口から物を出したり、パンをすすって食べたり、ヴンッとうなりながら食べたり、なかなかに行儀が悪い。もちろんクチャクチャ音をたてながら食べる。この様子はsyamuさんのマックのハンバーガーを食べる系の動画をよくわかる。この動画を山ほど見てきたから、クチャ音に対する耐性が私の中で出来上がっていた。

 

 

ここで2択

・自分はクチャ音をたてない、しかし人のクチャ音は耐えられない

・自分はクチャ音をたてない、人のクチャ音も気にならない

 

どちらの方が得をしているかと言えば明らかに後者なんですよね。

 

このようにストレス耐性をつけるのも生きていくには大切なことなのではないかと。

 

書きたい事書いただけ