最近何を聞いてもsyamuさんの言葉を思い出す

 

morning.moae.jp

 

今日、モーニングっていう雑誌のカバチっていう漫画を読んでいたんですね。

 

カバチは広島を舞台に行政書士(昔は見習い)である主人公が依頼人やその関係者を取り巻く法律トラブルに携わっていく法律漫画です。

カバチというのは広島弁で「文句、屁理屈」という意味らしいですね。

 

生きていく上で役立つ法律の知識がふんだんに紹介されており、読んでいて非常にためになります。例えば、非嫡出の子の人権問題や、隣家の火事による被害の補償、墓の相続権、残業代の保証など、様々な問題が紹介されています。

 

扱う問題ごとに章が分かれているのですが、どの章も物語の起承転結がしっかりしており、読んでいてとても楽しいです。どれも自分にとって興味があるテーマばかりで、六法全書の引用部分にちゃんと目を通した上で内容を暗記しようとするくらいには真面目に読んでおります。

 

もうかれこれ6~7年くらいは単行本であったり友達の家のモーニングであったりで読み続けています、連載が続く限りはずっと読み続けるので長く続いてほしいものです。

(こち亀みたいに今まであって当然だったものが急に無くなるのは寂しいですよね…)

 

 

 

======以下syamuさんの話======

 

で、なんでsyamuさんが出てくるかという話になるんですが

 

↑の号のモーニングのカバチでは火事によるトラブルをテーマにした章の最終回が掲載されており、最終的に

 

・日本では、トラブルに巻き込まれた末に多額の借金を背負ってしまい、困窮の末追い詰められてしまい、どうしようもなくなってしまう人がいる。

 

・弱者に厳しいこの国では国民が選挙に応じて製作を変えさせるか、個々を自衛するすしかない。

 

といった今回の火事のトラブルをもとに導き出された結論が示されるんですね。

(火事のトラブルは出火原因であったり火災保険の適用範囲であったり自動車保険が意外にも使えたりと結構広く知られていない知識が多いという内容が紹介されていました。)

 

自分の身は自分で守ることはできるはずであるとsyamuさんも言っていました。

 

…とまあ最近こんな感じでどんなにいい話もsyamuさんの言葉に結び付いてしまうんですね。

 

だからどんな話を聞いても結局のところsyamuさんの言葉に聞こえる。

 

syamuさんの発言には意図が全く読めない謎の発言が数多くあるので、その謎が頭の片隅に残っていて、

 

syamuさんと関係ないところでsyamuさんの話に少しでも近い話を聞くと「syamuさんはこの事が言いたかったのかな?」といった具合に自分の中ですぐに質疑応答が始まる。

 

こうやっぱり勉強でもアニメでも漫画でも、その時の自分の頭で理解出来なかった事って自分の頭の隅に置いておくといずれその謎が解ける時が来るじゃないですか。

 

例えば、子供の頃見てたアニメにどうしても不可解なシーンがあってそれをずっと疑問に思っていたが、大人になってから見てみると昔の自分にはなかった見方でそのシーンがすんなり理解できた経験など、ある人は多いと思います。(たぶんその謎が解けたに人は少し成長するのかなと個人的には思ってます)

 

なぜ自分が何を聞いてもsyamuさんの言葉を思い出すのかと考えてみると、ちょっとでもsyamuさんの本意に近づきたいからなのなのだと思います。

(というのも私の人生結構syamuさんの動画や言葉に救われた部分があるんですよね…)

kaibarasan.hatenablog.com

 

 

こう、言葉って不思議なもので結論が一緒でもその言葉に含まれる意味合いって全然違うんですよね。

例えばぷよクロS級とかA級とか出てる人が「本線が安定してるのは強い」って言うのとぷよクロレート2200くらいの人が同じ言葉を言うのとでは全く意味合いが違う訳でして…

 

例えばsyamuさんが言っていた、

・強い信念と明るい笑顔には奇跡の力(ミラクルパワー)がある

・自分の感情を抑えるのは大事

・時には我慢

という言葉に含まれている主張なんて一言では表せられないんですよね。

 

それはsyamuさんが今までの人生で体感した事なのか、今後の自身の目標だったのか、考えさせられるところです、まあ何を言っているかなんてさっぱり分からないわけなんですが。

 

とりあえず何が言いたいかっていうとsyamuさんすき。

syamuさんの言葉をたまには信じるとなんかいい事ある気がする。

毎日見てる。

 

以上。

 

ちなみに親にご飯を作ってもらっていると言っていたsyamuさんは自分の身を自分で守れているんですかね…?(*1)

 

 

終わり。

 

(*1)【Syamu】YouTuberを夢見る30歳無職に色々聞いてみた【人間観察】 - YouTube

デレステ「Trinity Field」

 

トライアドプリムスの新イベントが始まりましたね。

 

 

f:id:Kaibarasan:20171122233531j:plain

 

Trinity Fieldって曲が単純にすこなのとデレステモチベが高いのもあってイベント4日目にしてもう15000ptくらい溜ってます。

 

2Dリッチモードの2頭身キャラも可愛いのでモードを変えて色々楽しんじゃってます。

 

今回新曲もSレアもとっても良くて今回特にコミュが素晴らしい。

 

ちょっとコミュの感想だけご紹介。

・概要

互いに互いを信じているからこそ
分かり逢いたくて、だけど分かり合えなくて
それでも手を伸ばしあう。

 

2話で奏が言ったこのセリフがこのストーリーをそのまま表していると思います。

 

・最初は凛と加蓮と奈緒がそれぞれLIVEに求めてるものが違ってて、軽く諍いやすれ違いが起こるんですが、それも含めて互いを理解しあういいきっかけになるということ。

 

・互いに目指す方向は違うけれど、それがちょっとずつ収束していってそれぞれの個性が表れた良い結果を生むということ。

 

このへんがちょっと女児向けアニメっぽかったです。

遊戯王高橋和希先生が最終巻で言っていた通り、信は力なりということですね☆

それもあってかなり好きな内容でした。イベントのコミュとしては一番いいと思いました。

 

みんな声可愛いよね。

 

・各キャラ

各キャラの衣装、レッスン着、態度にもそれぞれの個性がちゃんと表れている気がしました。特に今回のコミュに合ってた気がします。

 

f:id:Kaibarasan:20171122235057j:plain

f:id:Kaibarasan:20171122235101j:plain

加蓮はLIVE対してはに地位や名誉、自信をアイドルとして大成功させることを第一目標として掲げており、それを大きなモチベーションにしています。

 

それに対して奈緒は自分達含めLIVEを楽しむことを第一目標に掲げてるんですよね。

 

しぶりんは半々くらいでした。

 

この3人の成長やそれぞれの個性が十分に描写されていて、前よりこの3人が好きになった気がします。

 

面白いのでみんな見てみてね。

 

 

終わり。

とりあえず20000位くらい目指します、目安はたぶん3400pt。

シバタ-×syamuの動画みてたらプリキュアの映画思い出した

 

www.youtube.com

 

↑のシバ夕ー×syamuの動画を久しぶりに見ました。 

 

私はやはりこの2人の絡みが好きです。

シバ夕ーさんがsyamuさんの面白い部分を引き出そうと様々な問いかけをし、それに対して本人もその面白さを存分に見せていくという内容で、両者とも持ち味である芸を存分に発揮していますね。ちなみにsyamuさんの方が年上らしいです。

 

久しぶりに見たとはいってもたぶんここ1年で20回目くらいの視聴になると思います。

これをリピート再生しながら勉強してた時もあったので…

 

本題に移ると、この動画を見ていたらsyamuさんのある言葉と、とあるプリキュアの映画の共通点を感じた、という事について話したいと思います。

 

※何を感じるかは人の自由なので変な事言ってても許してください…。

 

・syamuさんの「ある言葉」とは

「やっぱりDT卒業はやっぱり愛するべき女と一緒に過ごして卒業するべきだろDT!」

動画の冒頭に出てくるこの言葉のことです、私はこの言葉とても好きです。

 

1つの文の中に「やっぱり」、「DT」、「卒業」という3つのワードを重複して使っているところがsyamuさんらしいのも私の好きなポイントです。

 

~動画を見ていない人のためのあらすじ解説~

 

シバターがsyamuさん=DTであるという噂の真偽を本人に尋ねたところ、本人はその事実を認め、また女性に対して興味がある事を伝えた上で↑の発言をする。 

 

→また、続けてsyamuさんが風俗に行ったことがないこと、興味が無い事を伝える。

 

→シバターがそれを聞いた上でsyamuさんに今夜風俗をおごるという誘いをするが 、(女と)遊びはしたくないといわれてしまい、風俗への誘いを一蹴されてしまう。

 

私はこの発言と一連の流れから、syamuさんは自分の目標に対してストイックな意志を持っているという雰囲気を感じました。

 

・やはり自分の目標は自分の力で達成したりしてこそ目標であり、それこそが真の意味での達成である。

 

・ 自分の目標(DT卒業)に対して、抜け道(風俗に行く)をしたり、ズルをしたりして目標を達成しても意味がない。

 

・夢(DT卒業)を叶えるという目標にはそれに至るまでの自分の努力や成長も含まれており、努力や経験抜きでかなえた目標には意味がない。

 

といった具合です。切断してレート上げても何の意味もないのと似ていますね。

 

ファンの女性(?)にお金の援助を頼み込んでいるという話しが持ち上がっていたほどにはお金に困窮しているsyamuさんが風俗をおごるという誘いを断るあたりに、彼の強い意志と独特のこだわりを感じます。

 

以上の話をまとめると、

・syamuさんは夢を叶えたい。

・抜け道やズルを通した夢の実現には意味がない。

・自分の努力や経験を通した夢の実現こそが宝である。

 

という事になります。

 

自分自身の力で目標を達成することは自信や成長につながる重要な機会ですよね。

ゆうきゆう先生のブログでも、「達成感」は、報酬と同じくらいに快感になるという内容が紹介されています。

yakb.net

プリキュアの映画との共通点

私がプリキュアの映画シリーズの中でも特に好きな映画として、プリキュアオールスターズNewStage3という映画があります。

 

www.youtube.com

 

私が人生で初めて劇場で見たプリキュアの映画であり、劇場に2回足を運んだものです。

 

この映画で取り扱うテーマの1つに というものがあります。 

 

↑の動画(0:17~)でも言われている通り、誰かに作られた夢じゃ楽しくない、自分の夢は自分の力でかなえたいですよね。

 

もうお気づきの通り、夢を自分の力で叶える事を美徳とするという点でこの2つの共通点を感じました。

 

詳しく映画の内容を解説すると、悪役(厳密にはそうではないのですが)が、プリキュア達をそれぞれの夢の世界に幽閉させるシーンがあります。

 

夢の世界では、それぞれのプリキュアが持っている夢が実現した体で物事の法則が成り立っているため、何の不自由もなくその世界を謳歌出来るのですが、やがてこの世界そのものが偽りだと気づいたプリキュア達はその世界を打ち破って脱出するんですよね。ここに「誰かに作られた夢じゃ楽しくない、自分の夢は自分の力でかなえたい」というテーマが隠されています。

・夢は見るものじゃなくて叶えるもの

・誰かに作られた夢じゃ本当に楽しむことは出来ない。

・時にはつらいことも苦しい事もあるけど、それを乗り越えて強くなれる。

 

これらは女児向けアニメとして非常に大事なテーマであり、子供、大人問わずに是非見て欲しいです。

 

(オールスターズの映画は過去のプリキュア本編を見ておけば楽しめる要素がたくさん入っているのですが、知らなくても十分楽しめます)

 

夢が実現した設定の世界=風俗とすれば、syamuさんの行いとも大きな共通点があるのかなーと感じます。

 

 

ちなみにこの映画、とある妖精の親子の関係にスポットを当て、親子の関係性について考えさせられる描写があり、親の目線と子供の目線、どちらから見ても楽しめる非常に感慨深い内容となっているので是非見てください、とっても面白いですよ。

 

また、Goプリンセスプリキュアにも主人公である春野はるかが、自分の夢が実現した偽りの世界に閉じ込められてしまうものの、これは私の望んだ世界ではない!とその世界を否定しながら脱出するシーンもありますね。

・最後に

私もsyamuさんを見習って風俗には行かないようにしたいと思います。

行くのも全然アリだとは思うのですが、ここはsyamuさんをリスペクトしようと思います。

  

また、これまでの文章が何を言いたいかと聞かれると答えられません。たぶん自分が一番何を言いたいか分かってません。

 

ただブログというものは往々にしてそういうものなんだろなと。

 

終わり。

 

 

・追記

 

魔法使いプリキュアも見てくれ。

f:id:Kaibarasan:20171119171949p:plain

 

www.youtube.com より

 

響けユーフォニアムの映画みてきた

響けユーフォニアムの映画観て来ました。

anime-eupho.com

Ⅱ期まで放映済みのアニメのⅡ期の部分をまとめた映画らしく,私はアニメはⅠ期までしか見ていなかったので丁度良かったです。

 

推しポイントは絵がめっちゃキレイでなおかつ私の好きな声優である黒沢ともよさんと早見沙織さんが出てきているところ。

 

実際に劇場で観てきた感想として言いたい事が3つあるのでそれだけ語ります。

 

※ネタバレありだよ

 

 

 

田中あすかというキャラクター

 f:id:Kaibarasan:20171007210700p:plain

(劇場でもらったチラシの下半分より)

 

マイペースでありながらも部のみんなをまとめげる存在であり,今回一番取り上げられていた人物である。

 

田中あすかの普段の言動は基本的に中二病チックであり、

後輩の名前を呼ぶ時にときおり「名前+苗字」の順にフルネームで呼んだり、

日常会話の中で必要に応じてどこかの小説から拾ってきたようなセリフを言ったりする。

 

またみんなに迷惑をかけたくないとして本音を隠したり、それで衝突したり、暗殺教室の渚のように母親に束縛されている境遇が判明するなどして物語を動かした。

 

…が言ってしまうとこのキャラクター自体クセが強すぎて見てて正直くどかった。

 

個人的な考えなんですがたぶんこの人の思春期のような考え方は3年後くらいにはまるで別の考えになってると思うので今のこの人の考えや思いにスポット当てても割としょうがないのかなーと。悪の華っていう私の好きな漫画があるので思春期についてはそれを読んで下さい。

 

あと親と衝突するエピソードも結論が浅く、暗殺教室の渚ママのエピソードのほうが100倍好きなので微妙。

 

ぶっちゃけこのキャラが何かよく分からんこと言ってるたびになんかイラッとして劇場で舌打ちしそうになった。

 

でも嫌いじゃなくて好きって気持ちと嫌いって気持ち半分ずつくらい。

 

黄前久美子というキャラクター

 f:id:Kaibarasan:20171007212936p:plain

(劇場でもらったチラシの上半分より)

 

作中の主人公であり、ダントツで一番可愛いキャラクター。

正直この子を見るために劇場に行きました。

 

まず顔がめちゃくちゃ可愛かったし絵の雰囲気も可愛かったし髪型は2種類あるのも可愛いしほっぺの質感とか柔らかそうだし肌とか髪の毛の書き方とかも可愛かったし声は可愛すぎるしたまにエ〇くて可愛かったし最終的に何が言いたいかっていうとめちゃくちゃ可愛かった。

 

途中あすか先輩と意見がすれ違ったために泣きながら自分の思いを必死に伝えるシーンがあるのですがその時の声優さんの演技が良すぎたのでもう一度みたいです。

 

久美子は物語の中であすかの考えを何とか理解しようとつとめており、その中であすかと何度もやり取りをしている中で久美子の色々な表情を見ることができるので、そういった意味であすかに感謝。

 

でもあすかの考えを必死に理解しようとしたところで結局のところ他人だしうーんって感じはする。そもそもあんな中二病(?)みたいな思春期の人の考えを汲もうとしてもうーむって感じだし…(そこがいいってことにもなるとは思うのですが)

 

でも親に挨拶しなかったりタメ口コメントしたりするのはいただけない。

敬語使うべきジャァン…

 

・その他

先生はいい先生だった。あすかが部活やめる云々の時も生徒の意志を尊重するのをモットーとしていて殺せんせーっぽくて良かった。ただ顔に違和感を感じる。

 

サファイアちゃんは熱意のあるいい子だけどあんまり顔が好きじゃない。

関係ないけどボルメテウスサファイアドラゴンが禁止カードから1枚制限カードになったらしい。

 

1年のれいなでもサファイアでも久美子でもない子は出番なかった、まあ別にそれは割とどづでもいい。

 

CV(早見沙織)の先輩の声は可愛すぎて劇場で背筋ゾゾッとした。

 

 

結論

・主人公が可愛すぎた。

・だいたい主人公のおかげだけど映画全体としてめっちゃ面白かった。

・演奏してるシーンのキャラの顔とか好き、あと最初の曲がマリオギャラクシーのウインドガーデンっぽかった。

・普段プリキュアの70分映画しか見ないから2時間は長いよーとも思ったけどお得だとも感じた。

 ・田中あすかとかいうキャラクターが割とどうでもいい、見た目も性格も…うん

 

終わり。

テキトーすぎるけど言いたい事全部書いた・。・v

福本伸行先生の作品が面白すぎる

福本伸行先生

www.amazon.co.jp

アカギやカイジなどで主に知られている漫画家さんです。

私の人生の価値観に大きな良い影響を与えてくださいました。

特にここ最近は福本先生の漫画を読みたい欲が強く、既に何度も読んだであろう作品を新しいものから昔のものまで読み返しまくってて、どれもとても面白かったので、面白さを伝えると共に自分の中の作品の整理もかねて私の知っている限り作品を勝手に紹介します。(一部の昔の人情物や短編の作品とかはまだ読めていないのでそこはカットで)

 

福本先生が用いる独特な比喩表現やワードチョイスなどに注意して福本先生が真に言いたい事などを考えながら読むと、もう何度読み返しても全く飽きないですよね。

 

順番はテキトーで個人的面白さとおすすめ度でそれぞれ10段階ずつで勝手に評価します。

 

 

 

カイジシリーズ(面白さ:10  おすすめ度:10)

5シリーズあるけどワンポーカー以外神、ワンポーカー普通

賭博黙示録と賭博破戒録は最高。起承転結が完璧すぎる、アニメも良かった。

賭博堕天録も面白いけど前2つに比べるとちょっと劣る。

和也編は賛否両論あるけどアジア3人組の人の欲望の操り具合が良く、オリジナルの比喩表現もめっちゃ多くて面白かった。心理描写も好き。チャンとマリオの話も好き、福本さんにキャラの過去エピソード描かせるとグっとキャラが深まるよね。

ワンポーカーに関してはアカギの第6局の南場と一緒で話をひたすら長引かせてる感があるので何も言いません。

アカギシリーズ(面白さ:10  おすすめ度:10)

天という漫画に出てくるアカギというキャラのスピンオフ作品。人間の心理、欲望が追い込まれ破滅していく様子が他の漫画にはない観点で丁寧に書いてあってとても面白いので読んでみてね。あとアニメの出来もカイジと同じくとてもよかった。

 

天 天和通りの快男児(面白さ:10  おすすめ度:10)

最初は人情物の漫画の雰囲気だけどそのあと打って変わって麻雀で真剣勝負する感じになる。福本先生的にはギャンブル漫画として大きな手ごたえを感じた作品らしい。*1

 

麻雀の部分はアカギと雰囲気一緒でテクニックや心理の駆け引きなど、非常に細かく書かれていてとても面白い。ただ麻雀のルールが分からないと楽しめないくらい感じになっているのでそこがアカギとの違いかなと思います。(ルール分からない人も楽しめるほうが色んな人に見てもらえそうですよね)

麻雀対決が終わった後はアカギが中心人物となり人間の死や人生の在り方についての話等をする通夜編に入るのですが、これが何十回も読み返してるくらい大好き。少しでも福本さんが伝えたい内容を理解するのに必死でした。

(福本さんは麻雀漫画であるにも関わらず麻雀を一切しないこの章に関しては思うところがあったみたいでその辺が最終巻の巻末に書かれてます)

 

銀と金(面白さ:10  おすすめ度:10)

福本作品の中ではカイジとアカギがアニメの分もあり特に有名なのですが、この作品がたぶん福本ファンの中では一番熱いのではないかなと個人的に思ってます。

 

どんな漫画かっていうと追い詰められた人間の思考をきっちり見抜いてカモにしたり、優位に立ってる人間の隙をついたりする漫画です(語り尽くせない)。

欲望が飽和点に達した人間の隙のつき方とか、「死」以上を望んでくる人間と命のやりとりをするサバイバルとか、数ある福本先生の麻雀対決の中でも最も面白かった蔵前麻雀など、見どころも多ければ話のボリュームも密度も圧倒的なので読んでみてね。


最強伝説黒沢(面白さ:10  おすすめ度:10)

人望も薄く薄給な工事現場で働く中年男性黒沢の苦悩をかいた物語。

黒沢の人生には少しの希望もあれば多くの絶望もあり、そんな黒沢を見てると人生のあり方について学べるような気がします。

人間関係の話についてギッシリ書いてくるパートもあれば、たまにあるバトルも人間同士のバトルにおいても実践的な要素があまりにも多く入ってて好き。

うまくいえないけどめっちゃ面白い。ところどころ挟んでくるオヤジギャグもすこ。


最強伝説黒沢(面白さ:10  おすすめ度:10)

続編。よくわかんない感じで終わった前作の続き。

パワーアップして帰ってきたようでめちゃくちゃ面白い。

バトルの話も人のあり方や人生についての話も面白い。話しが多岐にわたりすぎてうまく言えないけどめっちゃ面白い。

とにかく登場人物が全員いいキャラしすぎてるので何度読んでも飽きない。全員応援したくなる。

 

無頼伝 涯(面白さ:10  おすすめ度:10)

週刊少年マガジンに載った作品。

少年監獄のような場所に冤罪で捕まってしまった主人公が道を切り開いていく物語。

少年誌にしては話の導入の時点で何話も使っていたために、お話が長いよーという意見もあったみたい(?)で打ち切りなのかよく分からないがすぐ終わってしまった。

でもめちゃくちゃ面白い。少年誌ではウケなかったということでしょうか。


賭博覇王伝零(面白さ:10  おすすめ度:10)

これも週刊少年マガジン

前作の反省を踏まえてか話の展開が早く、面白い。

ギャンブルしたり謎を解いたりクイズしたり福本先生が描くいろんな話があるので是非読んで見てね。

アカギとカイジを並行して書くためか、話しとしては不自然なタイミングで物語が一区切りして休載をはさんでギャン鬼編へ。


賭博覇王伝零 ギャン鬼編(面白さ:10  おすすめ度:10)

ギャン鬼編になってからあんまりギャンブルしなくなった。

ゴルフしたりトランプやったりビール注いだり暗号をといたり山に登ったりする。めっちゃ面白い。

キジュウロウという人の人生についての話がマジで面白いのでおすすめ。

これもこれで他の漫画と並行して描くのがキツくなったのか不自然なタイミングで一区切りして休載へ。

ギャン鬼ってなんだろう

 

短編マンガ 危険ドラッグの本当の怖さを知っていますか?(面白さ:8  おすすめ度:8)

下記のURLから閲覧できます。言葉回しが完全に福本先生なのが面白かった。

とても面白く勉強できました。


~ここから人情物系の作品の紹介 (話数はボンヤリ)


春風にようこそ(面白さ:9  おすすめ度:10)

人情物の漫画、全10話くらい

とある春風という民宿の中での家族同士の人間関係や従業員どうしの人間ドラマなど

がマージャンを例えに用いられながら表情豊かに描かれている。

王道を行く人情物の作品でとても面白いのでおすすめ、特に主人公の失恋の切ないエピソードが他の漫画にはない独特の感じで描かれていてとても興味深かった。

無頼な風 鉄(面白さ:8  おすすめ度:9)

全10話くらい。

騙されてるのに騙されてると気づいてない人に冷や水うったり、よく分からない正義感を振りかざして大した事情もしらずに問題に首をつっこんでくる輩を成敗したりするからスッキリする。


熱いぜ天馬(面白さ:7  おすすめ度:6)

全10話くらい。

昔は福本さんもこんなシンプルな麻雀漫画を描いていたのか!と驚いた

シンプルながらも王道で面白い。
熱いぜ辺ちゃん(面白さ:7  おすすめ度:6)

全20話くらい。

人情ものの麻雀漫画。天初期みたいな感じ。


銀ヤンマ(面白さ:10  おすすめ度:10)

全10話くらい

人情ものではない、技術とか心理戦とかの観点から見てて面白い麻雀漫画。

アカギ、天とかの前身みたいな。


星の降る夜に(面白さ:9  おすすめ度:9)

読み切りの短編。

家族との距離感を書いた人情物のいい話

こういうの好き。

 

次男のブルース(面白さ:10  おすすめ度:10)

読み切りの短編。

人間関係とか家族の距離感とかを書いたいい話

 

・その他の作品の紹介


中間管理録トネガワ(面白さ:10  おすすめ度:10)

大人気のスピンオフ。圧倒的面白さ…!

一日外出録ハンチョウ(面白さ:10  おすすめ度:10)

トネガワみたいな雰囲気のスピンオフ。これも圧倒的に面白い。

個人的になんですが、この作品から「人生を限られた枠の中でどう楽しむか」というテーマが含まれているように感じました。

ハンチョーは劣悪な環境下で働いている地下の住人、囚われの身であるのにも関わらず限られた金と時間の中で悠々自適に休暇を楽しんでいます。人生をどう楽しむかはその人の工夫次第ではいないなのかなと改めて感じました。(新黒沢のガスガソ兄弟の話でもやってましたね)


福本伸行ALL STARS(面白さ:?  おすすめ度:?)

福本先生の作品の脇役から主要キャラまで全てそろってまんがライ○のようなコントが繰り広げられる作品。富豪おじいちゃんキャラだけで兵藤和尊、鷲頭巌、在全無量、蔵前会長と文字通りオールスターで揃うため明らかに異質なになったりするのが面白い。

 

 

細かい雑記

・福本先生の作品は主人公の名前がタイトルに出てくることが多い(全く関係ないけど三田紀房先生なんかは全く出てこない)

・一日外出録ハンチョーの海の回でハンチョーが沼川と大石に向かって周りの目を気にせずに少年スイッチを入れて楽しむように言うシーンあるじゃないですか、あそこのシーンで筆者が主張している事が天の通夜編で原田克美がひろゆきに向かって人間は立場によって色々縛られてるよな…って話をするシーンの主張と非常によく似てると思ったんですよね。原作の萩原天晴先生がかなり福本先生の作品を熟読しているのかな…って思いました。

そんな事を考えていたら自分と似たような事考えている人がtwitterにもいてビックリした(見失ったけど)。

 

銀と金の競馬編で銀さんと青年が喫茶店で話してるシーンで、青年がテーブルを片づけた後、銀さんに向かって「お待たせっ…」っていう場面あるじゃないですか、あれなんか青年の人に分け隔てなく接する感じが出ていいですよね。セリフとしてはいささか不自然な感じもありますがそこも逆に福本先生らしくていいということで。

 

・ちなみに大体の漫画が物語として終わりという終わりを迎えてないのでその辺は好みでそうですね、自分的には何も問題が無いのでよいのですが。

 

終わり

 

*1  福本伸行 人生を逆転する名言集 より

飲食店でクチャラーが隣に座ってきた話 (Syamu_game)

 

 

今日、珍しく昼に飯屋で定食を頼んだ。

その店は近くにあって味が普通、量が普通と個人的評価はそこそこの店なのだが、喫煙OKなのが特に欠点であった。

 

今日は特に喫煙客が多かった、喫煙客は幸い自分の席から遠くにあったのだが、水をくみにいく時は呼吸を思いっきり止める必要があった、食べてる時にもたまにタバコのにおいがした。

 

煙に我慢しながらようやく料理が運ばれてきた、隣の人と同時に配られて頂きますを言ったところでなんと・・・隣の奴がクチャラー(クチャクチャと音を食べながら飯を食う人)であった事が判明した。

 

漫画読みながらクチャラーとか結構なマナ悪かよと思った。「でろでろ」という漫画でクチャラーの前では一時的にクチャラーになってクチャクチャやるという注意の促し方が紹介されていたので実践してみたが効果はなかった。

 

ここで俺は自分の成長を感じた。タバコはさておき、3年前の俺であればクチャラーに耐えられず、ストレスを抱え、席を移動しようにも満席で移動できずにさらなる苛立ちを抱えるところであった。しかしながら今日の自分は違った。まるで苛立ち、ストレス、憤りを感じなかったのである。

 

それはなぜかーーーーーーー

 

 

 

Syamu_gameさんのおかげである。

syamu_gameさんといえば私も大好きなオフ会0人の動画で有名であるが、多くの食品レビュー系の動画もあげているのだ、

 

そしてsyamuさんは物を食べる際に口から物を出したり、パンをすすって食べたり、ヴンッとうなりながら食べたり、なかなかに行儀が悪い。もちろんクチャクチャ音をたてながら食べる。この様子はsyamuさんのマックのハンバーガーを食べる系の動画をよくわかる。この動画を山ほど見てきたから、クチャ音に対する耐性が私の中で出来上がっていた。

 

 

ここで

・自分はクチャ音をたてない、しかし人のクチャ音は耐えられない

・自分はクチャ音をたてない、人のクチャ音も気にならない

 

どちらの方が得をしているかと言えば明らかに後者なんですよね。

 

このようにストレス耐性をつけるのも生きていくには大切なことなのではないかと。

 

書きたい事書いただけ

プリパラの映画を見てきた感想(2017年春 プリパラみ~んなでかがやけ!キラリン スターライブ!)

2017年プリパラ春映画(み~んなでかがやけ!キラリン スターライブ!)を見てきました。

 

プリパラは2016年のトリコロールが結成するあたりから地上波で見始めて、それと並行して1話から最新話まで、DVDのプリパリの映画も含めて見てきたので、初めて劇場という事でとてもワクワクしながら劇場に足を運びました。今回ライブの迫力を重視したいと思ったので肩と腰が多少疲れるのを承知で、スクリーンから一番近い最前列の席の真ん中に座りました。今回見てきたのは「ひびきのコース」。

 

以下多少のネタバレを含む感想

 

・全体の流れと感想

ショートコント→ライブを繰り返す形で物語が進行していたのですが、物語の起承転結は特になく、淡々とショートギャグとライブが繰り返されるという斬新な構成でした、あらゆるところにダジャレとギャグが詰め込まれていて、最初の10分は「え?こんな感じなの?」と思っていましたがいざ物語が進んでみるとTVで見たはずのライブもいざ劇場で見てみると迫力が凄まじかったですし、TVでは見られなかったライブも何本か見ることができたのでとても楽しかったです。おなじみのアイドル達はみんな可愛かったですし、水着姿もとても可愛らしかったです。(劇場最前列だったので下からライブを見上げてるようでスカートの中身が見えそうでした、見えないのですが)。

 

各キャラクターの感想

らぁら  超可愛い

みれい  めちゃくちゃ可愛かったし出番もめっちゃ多かった、映画の絵も好き

そふぃ  出番一番多かったと思う、一番見てた、MVP

しおん  劇場だとライブの迫力増してました

ドロシー いつも通り

レオナ  いつも通り、最後にちょっとしたサプライズが

みかん  マカロン食べてた、水着可愛い

あろま  出番多かった印象 可愛い

ガァルル 出番ちょい少なかった

ファルル サングラスかけてたのが好きだった 可愛い

ふわり  神、いろんな姿を見れました、製作者に感謝

ひびきさん 今回ひびきのコースでした、ひびきコースの劇場限定ライブよかったです

ちゃんこ  去年の映画と同じ感じ!

コスモ   コスモさんはいつも通り

あじみ   ミステリーコーデのサイリウム版ってよく見ると色が常に変わってる

かのん   かのん久しぶり 可愛い

ぴのん   ぴっぴでぱっぴでぷーって感じで可愛い 髪の毛の紫の部分好き

じゅのん  超絶クール 相変わらず可愛い

のん    去年のプリパラ姿じゃないのんも好きだけど今年のも大好き

ペッパー  活躍した sugar×less×friend好き

ちり    出番少なかったけど水着が超セレブだった、早く見直したい

 

・気づいた細かい点 

 何組かのユニットががライブする前に軽くあいさつするんですけど、そのあいさつがよく見るとTVサイズの絵と全く同じだったのに気付いてしまいました。せっかくなら新しい挨拶が見たかったですけどそれは高望みですね。

 ひびきのコース限定のライブは宇宙で行われたのですが、よくみると背景にポケモンウツロイドみたいなクラゲが徘徊していたのですが、よく見ると・・・セレパラ歌劇団のライブでそふぃとひびきのシーンの背景にいたクラゲと全く同じ生物だということ気づいたΣ

 

・ 全体の総括

 なんとも素晴らしい映画だったなーというのが感想です。プリパラのアニメを好んで見ている人はみんなプリパラのライブが大好きなので映画の特大スクリーンでライブを見せられれば私の様に満足するのかなーと思いました。(特にスーパーサイリウムチェンジする時に3人の顔がアップして映る時の迫力が凄かった)

 特にプリパラのライブが好きな人は本編のライブを脳に焼き付くほど何百回見ていると思うので、新しいライブ、ダンスの振り付け、曲に飢えていると思うのでそういった面でも新曲が劇場でしか見れない!っていうのが大きな需要なのではないかなと思います。今回私が見てきたひびきのコースではTVにはないライブが見られたので、らぁらとみれいのコースのライブも是非劇場で見たいと思いました。(みれいの方は絶対行く!)

 3つのコースに分かれていなかったら劇場で見るのは1回で満足していたと思うので、その辺は製作者側が上手い事やるなぁと思います。

 また、おなじみの今後のシリーズの予告(宣伝)もありました、4月のアイドルタイムプリパラの宣伝と男子版プリパラの宣伝でした。

 

去年のれっつごープリパリと比べると、今年のきらりんスターライブと比べてストーリーがしっかりしてるのが印象的でした。ただ、劇場初登場のライブが少なかったのでそこは好みが別れるんでしょうね。個人的にはギャグが神懸かっていたのが去年、ライブが神なのが今年って感じです。アイドルアニメなのにギャグがめちゃくちゃ面白いってのが私のプリパラが好きな所です。

 

ストーリーが特に無いミュージカル形式ってのがまたい良いもので、劇場ではずっと笑ってました。

 

ありがとうプリパラ

 

終わり